きらきら星まで

シュール

何がしたいのかさっぱりわからない

何がしたいのかわからない。感情を書き出して後から考えよう。望んでいることは穏やかな日々。それは穏やかな感情でいたいから。だめな人間と思われたくない。余裕を持ちながら生活したい。人を恨みたくない。自分以外にもその人なりの感情があって、悪気があろうがなかろうが正しかろうがそうでなかろうがそれぞれの判断がある。誰かが仕事をサボろうと自分がサボらなければいい。環境を整えるためにサボる人への注意も必要。余裕なく仕事をするのは結果効率が悪くなるので多少の遊びは必要。人によってルールが変更は管理職側からはよくないけれど画一的に判断するのもそれぞれの事情を鑑みた方がいい。

仕事もプライベートもそう変わらない。都度自分の正義に行動を照らし合わせる。ああ、しち面倒臭い思考だ。フェアである必要はない。事情があるのだから自分にメリットがあるように生きたらいい。聖人君子などないのだから。

他人は自分を理解できない。理解しようとする姿勢やたくさんのパターンに出会ってカテゴライズ出来る人がいればそれなり。

つまり、少し痩せよう。シンプルに。要らないものは贅肉も荷物も減らそう。

星野です 不惑の年を生きます